岩瀬敬吾. ミュージシャン. 38歳. 横浜在住(恐らく永住). 左利き. 3児の父. 旅ガラス. ex19


by iwase_keigo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のジャンル

最新の記事

ブログ移行します。
at 2016-10-21 22:33
みんなありがとう。
at 2016-09-19 22:52
名も無い旅路を終えて。
at 2016-05-25 16:14
象になる旅晴明編を終えて。
at 2016-04-28 23:44
最初のお休み。
at 2016-04-11 11:19
雨が降っている。
at 2016-04-07 13:10
プリキュアの映画に行きました。
at 2016-03-29 23:26

ブログパーツ

画像一覧

きまぐれワンマン2015年のは終了。

2015年のきまぐれワンマンツアーを無事終えることができたのも
ひとえに会場を提供してくださった美男美女様達と手取り足取り優しくしてくれる
仲間達と出会ったファンのおかげである。
最後の小倉では少年にファンレターをとシャンパン
をもらった。そのおかげで生き返ったよ。必ず返事するぜ。
なんてったって僕は特別扱いが好きだから。
自分にとって11月の不思議な空気の中を旅に出かけることは不安だらけだった。
抽象的な言い方だけど、あまり良い月ではない気がしていた。
気がしているというより本当に面食らっていた。
そんな中でも、古い仲間と再会が重なりおかげで勇気がわいた。
助けてくれる人がいると勝手に孤独な僕の胸を締め付けそう感じたのである。
人一倍臆病な僕は不安しかない。
そういうのは今回はいらないなと言い聞かせとにかく歌う事にした。
そして咳き込む咽も御構い無しに無視してガンガン歌った。
日を重ね二日目頃には風邪の余波も収まり咳も消え歌いまくるしゃがれ声のみ
重なっていった。
平均的な意見を掻き集めるよう目線を下げて聞きに回っても
自分が情けなくなるだけだから他人の意見は聞かないように気をつけ旅を歩いた。
旅と言っても短い短い散歩のような時間。
でも長い間のような錯覚をしていた。
少年期の1年は長いのと同じように5日間は長く感じたのである。
なんだろ。言葉に表せられないな。
すごく重要なツアーになった。
本当に。
キャリーの中に頂き物が増えそれを大事に横浜まで持って帰ると
いつもふっとお腹の底から達成感が吹き出す。
今回もすごかった。
牧のうどんの余韻と共に振り返っている。
井手ちゃんぽんも。
全て完食。
おいしゅうございました。
c0114549_22265120.jpg

[PR]
by iwase_keigo | 2015-11-25 22:27