岩瀬敬吾. ミュージシャン. 38歳. 横浜在住(恐らく永住). 左利き. 3児の父. 旅ガラス. ex19


by iwase_keigo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その他のジャンル

最新の記事

ブログ移行します。
at 2016-10-21 22:33
みんなありがとう。
at 2016-09-19 22:52
名も無い旅路を終えて。
at 2016-05-25 16:14
象になる旅晴明編を終えて。
at 2016-04-28 23:44
最初のお休み。
at 2016-04-11 11:19
雨が降っている。
at 2016-04-07 13:10
プリキュアの映画に行きました。
at 2016-03-29 23:26

ブログパーツ

画像一覧

きまぐれツアーを振り返る 中編。

旅の始まりは夢のような夜とそして夜明け。
3日の朝を迎え、ゆるーりと準備をし、呉線へ。
3両の呉線はよく揺れそして31号線と並走する。
瀬戸内海を眺めながら、荷物をいたわりながら広島駅へと
ゆるーりと進んだのだ。
新幹線は人身事故のため、定時には発車出来たのだけどゆるーりと走る。
そして、ゆるーりしすぎたせいでSOLE CAFEに遅刻してしまった。
c0114549_14353950.jpg

村田さんの行き届いたセッティングのおかげで
数分のリハーサルで終了でき、そして
これまた夢のような時間が呉に引き続き目の前に広がった。
考えてみれば1人弾き語りのワンマンは随分と久しい。
それなのに心持ちはおだやかで、そしてあっという間すぎる時間に感じれた、
それもすべてお客さんのおかげだと思う。
きまぐれツアーを思いついてよかったなーと心底感じたのだ。
そして偶然がかさなって3日のライブが出来たように、
SOLE CAFEという場所と村田夫妻にこれからも感謝をし続けよう。
c0114549_14445321.jpg

c0114549_14445120.jpg

トマトのパスタとパンをごちそうになり、そして近くの駅まで送ってもらった。
美味しくて、恐縮で、うれしかったのだ。
京都駅の近くにあるアパホテルへ到着し、滑り込みセーフの大浴場で
泳いでこの日を閉じたのであった。
つづく。
[PR]
by iwase_keigo | 2011-10-06 14:47