岩瀬敬吾. ミュージシャン. 38歳. 横浜在住(恐らく永住). 左利き. 3児の父. 旅ガラス. ex19


by iwase_keigo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

その他のジャンル

最新の記事

ブログ移行します。
at 2016-10-21 22:33
みんなありがとう。
at 2016-09-19 22:52
名も無い旅路を終えて。
at 2016-05-25 16:14
象になる旅晴明編を終えて。
at 2016-04-28 23:44
最初のお休み。
at 2016-04-11 11:19
雨が降っている。
at 2016-04-07 13:10
プリキュアの映画に行きました。
at 2016-03-29 23:26

ブログパーツ

画像一覧

新春の初売りの凄まじさ。

本当は三が日の読み物的に、皆様の暇つぶしに車中泊ネタ連投するつもりが
昨日のランドマークタワー内にあるポケモンセンターの初売りに子供達を連れて行った
疲れが凄まじく、昨日は数字が一桁台に就寝というか撃沈。
ポケモンまだやってんだ・・・、そう思い何の気無しにhuluで配信している
ポケモンのアニメを娘に見せたのがはじまりで、そこから
息子に伝染し、ドングリをモンスターボールに見立てて近所の公園の池に永遠に投げ続けていた。
そして旅から帰ってくるとすっかりポケモンマスターになる気満々となっており
新春に、しかも初売りの、横浜1高いビルランドマークタワー(確かFM横浜もあり何度も
お世話になった)の、ポケモンセンターという専門店に、2歳児と4歳児というある種の
モンスターを抱えて、ある種のポケモンマスターの僕は
家族を連れてみなとみらいに車を走らせクイーンズスクエアの駐車場に停めた。
それはそれはすごい。
ポケモンセンターは老若男女で溢れ替え、突撃要員だけでも凄まじい人数。
待機要員は店の周りを埋め尽くすように囲い、
ベビーカーはダムのように重なり合い、空いたスペースでは一様にDSを嗜んでいた。
ゲームはやらないので分からないが、新春に何かしら通信してゲット出来るらしく
それこそ大きめの小学生や学生&ゲーマーも多く来ていた。
ウチの子供達はまさに最年少だろう。
2歳の娘なんかは軽く30種類以上はポケモンの名前を覚えている。
凄いぞ、子供の記憶力。
特に目的も無く、ただポケモンセンターに行きたいという思いだけで来た子供達。
さすがというか、すぐさま状況を判断し、好きなものを探索した。
とにかく迷子にならぬ様長女の手を引かせ、ちびどもは大海原へ。
モンスターボールを欲しがっていたのは僕でも分かっていた。
ガチャガチャのカプセルで自作していた息子は、飴入りのケース型モンスターボール
を手にし大変喜んでいた。
娘もそれを手にし、そしてぬいぐるみコーナーで2人は探した。
好きなモンスターを。
息子はケロマツというキャラクターを抱え、娘はポッチャムが欲しかったそうだが
それは無く、ハリマロンを手にした。
もはや、何の事を言っているのか皆様解らないだろう?
僕もよくわからない。しかしなぜか詳しくなってきている・・・.何故だか解らない・・・。
ぬいぐるみを抱え、ステッカーも数枚手にし長い列を並んでレジにやっと辿り着き商品を
渡したお姉さんは僕の好みすぎて、またここに来たいと思った僕は
これもポケモンの策略なのではと勘ぐるが美女の笑顔の前にそれはどうでもよくなった。
又行くぞ!
周りを見渡すと子供達がキャラクターの絵の描かれた紙製の帽子を被っている。
気になっていたが面倒かもしれないのでスルーしていた・・・。
何処も行列で、やっとハンバーガーをテイクアウトしエレベーター付近のベンチで食事していると
隣はポケモンのスタンプラリーの中継所。
そう、あの帽子はポケモンスタンプラリー参加者がもらえる帽子であった。
知ってしまった岩瀬家。
行くしか無いなと・・・。
再度、さらに込み合うポケモンセンターに戻り、美女をチラ見しスタンプラリーの紙と
帽子を2つ頂いた。最初なかなか帽子をくれないので自分からくださいと伝えたのだが、
すこし、不思議そうな顔をされた。
いやいや。3人子供いますから。
そんなマニア顔していたのかなあとうなだれつつも子供達の元に戻り
スタンプラリー開始。
嫁は次女とノンビリ買い物をし、時折合流する度荷物を増やしていた。
スタンプラリー自体は簡単だが、娘が何度も行方不明になった。
大体にしてなにかにみとれていた。
とにかくすばしっこい長女は、あっという間にいなくなる。
僕は相当気を付けて注意深く娘を見ているにも関わらずだ。
怒濤の試練をクリアしなんとかシール2枚ゲット・・・。
やらなきゃ良かったと思ったのは、言うまでもない。

帰宅しいっそうポケモンを熱心に観るようになった。
何かを知り、発見し、僕に伝えてくれる。
嬉し過ぎるので、対象物はなんでもいいやと思うのである。
今朝は息子に起こされた。
「お父ちゃん、バトルしようぜ」  と。
c0114549_21135449.jpg

by iwase_keigo | 2014-01-03 21:14